ライトオンジーンズとかライトオンセール通販情報をお届けします
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ライトオンは東京証券取引所1部上場の企業です。

ライトオンのコードナンバーは7445です。
株価のチェックはいろいろなサイトがありますが、私はヤフーファイナンスを主に使っています。

その他ではNIKKEI NETの株価サーチもよく見ていますね。

ライトオンの株価は5000円近くに来ていた時期もありましたが、最近は1000円前後に落ち着いています。

株価が4分の1とか5分の1に落ちてしまうと、さすがに高値で買っていた方は大変でしょう。

ライトオンに限らず、株価は業績がストレートに反映しますが、やはりライトオンも株価が高値だった時期は売上や利益が良かったですよね。
ここ1年ほどは、業績予想に下方修正が続いたこともあって、投資家からの信頼が落ちて来ています。

ライトオンがライバルとなっている企業のひとつにユニクロがありますが、株価としてはライトオンの6倍以上という差がついています。
ライトオンとしての特色をより出していかないと、投資家からも消費者からも見放されますからぜひ頑張って欲しいと思います。
ライトオンの子供って可愛いですよね!
自社ブランドでもっているmpsっていうブランドなんですが、大人のライトオンの商品とはまたちょっと違ってアメリカンな感じがします。
どんなに可愛い、素敵な子供服でも値段が高ければ、いつでもどこでもというわけには行かないし、逆に、量販店なので売っているような服だと
中には見るからに・・・という服もありますものね。
リーズナブルで、ファッショナブルとなるとmpsがお勧めです。ライトオン自社ブランドmpsは、ショップのレイアウトもとっても素敵なんですよ!店舗独自のレイアウトで、素敵なコーディネイトの服が飾られていて、観ているだけで楽しいし、トータルで揃うので思わず、下から上真で全部買っちゃおうかな~なんて気になります。
機能性も、ファッション性も兼ね備えていて、それでリーズナブルだと言うことないですね。
ライトオンの大人の服は、あまり独創性やブランド性はなく、いわば「どこでも売っていそうな服」だけれど、子供服に関しては独創性豊かで一目でmpsのもの!ってわかるデザインが多いです。
アメリカンカジュアルを安く買おう!と思う人はぜひmpsにいってみるといいかも!


普通のライトオンはカジュアルなをたくさん扱っていますが、ライトオン自体にブランド性はなく、主張もなく、安くて買いやすいジーンズショップというイメージがありませんか?ライトオンで買い物をしたときに一番高かったのは、他のアメリカン・カジュアルブランドのシャツだったり、ブランド物のジーンズだったりしました。そういうものは高くて1万円以上するんですよね。そんなお金を出して、ライトオンで買い物するのは嫌かも(笑)ラルフローレンなども安く置かれていて、ちょっとびっくり。別にライトオンで買わなくてもいいものもありますよね。ライトオンの子供服mpsは、かわいいデザインのものが多く、オリジナリティーを出していて、子供服の中でも人気です。大人の服も、もっとオリジナリティーで勝負すればいいのになぁ、と感じますね。ユニクロなどはそれなりに強く自社ブランド勝負しているし、ライトオンもそんな感じで自社ブランドかなんか出しちゃうと嬉しいですよね!
その中でもフラッシュリポートは価格はちょっと高めですが、オリジナリティーがあって、素敵な服がたくさんありました。()ライトオンの会社のひとつのブランド何でしょうね。商品タグにはライトオンと書かれていました。
ショップのイメージもただ商品がずらりと並んでいるとい感覚よりも、
mpsのようにかわいくコーディネイトされたものが並べられ、観ているだけでも楽しめるようなショップをつくってほしいなぁと感じます。

ライトオンのブランドのひとつに、フラッシュリポートというのがあります。ライトオンにはフラッシュリポート、スパイスアイランド、キッズ専門のmpsがあって、それぞれに独特の顔を持っています。
別のショップを構えているので、一見すると別の会社のように感じますが、タグをみたら『ライトオン』と書いてありました。ライトオンに隣接して建っていることが多く、隣りどうしで、同じ会社というのも面白いですよね。ショップ名も『フラッシュリポート』となっています。
価格はライトオンの服に比べると、若干高めになっているようですね。
カットソーやシャツなどは、ウエストがシェイプされた感じのデザインのものが多く、身体のラインがきれいに見えるようなデザインは、なかなかファッショナブルで素敵ですよね。全体的に服には統一感があって、ひとつのブランドをかもし出している印象を与えます。
フラッシュリポートや、スパイスアイランド、mpsなどは、ライトオンの中でもとても個性的なデザインのものがあってライトオンらしくない感じがまた好きだったりします。
アメリカンカジュアルのブランドは多く、競争も激しいだろうし、何で勝負するのか、難しいところもありますが、ライトオンは価格で勝負という感じなので、デイリーユースの服としては気安くていいかもしれません。もっとオリジナリティーをだして、頑張って欲しいと思います!



ライトオンの子供服mpsの秋冬のコレクションを見ました。いつもながらのアメリカンカジュアルですが、いっそうハイセンスになっていてかわいいです!
ジーンズは、昨年に引き続き、スキニージーンズ、サスペンダーパンツ、バギーが主流ですね。デニムのジャンパースカートや、ヒッコリーのワンピース、バルーンのチュニックなんてとっても可愛いです!
男の子もワッペン入りのデニムやサスペンダーつきのもの、ルーズなストレートなんてかっこいいです!それにベロアのジャージや、ミリタリーシャツ、カウントリーシャツなんか着ると、ほんと、パパよりかっこいいかも知れませんね!
何よりも驚くのがお値段です。シャツは2900円前後。ジーンズも、3900円くらいから高くても5000円台くらいまで、上下でセットアップしても1万円くらいですんじゃいます。これは嬉しいお買い物ですね!子供服ってデイリーに着るものは質ももちろん大事ですが、量もないとお洗濯に耐えられませんよね。
ライトオンのmpsブランドなら、質も量もいいものをたっぷりと買うことができるので、ママさんたちにとっては最高の子供服ブランドじゃないでしょうか。子供達が、秋冬も暖かく、動きやすく、可愛くかっこよく、そして元気に過ごすためにmpsショップに入って見るといいですね!


広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。